大光 間接照明
「シンプルで広い天井」「まぶしさのない快適空間」「空間の広がりと奥行を演出」
「素材と質感を際立たせる」「モノを美しく魅せる」「華やかな演出に」、間接照明を利用したあかりの効果で贅沢な空間をご提案いたします。

リビング・ダイニングの間接照明

リビングやダイニングなどは、広い天井面を照らすことで全体的にあかりを広げることができます。エアコンやカーテン、扉の配置を考えて設置する必要があります。
ミニライン シングルライン
リビングの壁面を間接照明で演出。素材のテクスチャーがより印象的に浮かび上がります。 テレビボードの奥に間接照明を設けることで視線の集まる見せ場を演出。画面と後ろの壁面との照度差が緩和されます。
ミニまくちゃん コンパクトライン
間接照明を縦にして左右からの光がリビングのアクセントに。 空間の輪郭を際立たせて奥行き感を出します。室内全体に光を広げ明るい印象に。
まくちゃん たなピタ君
間接照明を利用して天井の照明器具を整理。ペンダントも空間の中でいっそう映えます。 棚下にぴったりと納められるコンパクトな照明器具。手前が遮光されているため特別な施工は不要。

吹き抜け・高天井の間接照明

シングルライン のびたライン
傾斜天井のラインにあわせて設置。個性的で魅力的な印象に演出します。 広い壁面をてらし、高天井空間を強調。開放的な空間を美しく演出しつつ照明器具をシンプルに整理。
ダブルライン のせたろう
傾斜天井のフォルムを活かしつつ、器具が見えにく収まりを実現。 梁の上にのせるだけで簡単に間接照明の効果を得ることができます。

まぶしさを抑えた寝室の間接照明

心地よい空間作りに最適な間接照明。配置する高さによって照明器具を見せないようにする工夫が必要です。
シングルライン シングルライン
間接照明は、ベッドからまぶしくない場所に光をつくることができます。 低い位置に設置し、部屋全体をやわらかな印象に。落ち着いた雰囲気になります。
シングルライン まくちゃん
高い位置に設置すると部屋全体に光が広がります。スタンドライトとのバランスも良好。 天井を折り曲げて施工した例です。「まくちゃん」なら幕板いらず。

居室の間接照明

落ち着いた空間の和室では着座した場合の低い位置からでも照明器具が見えない配置が必要です。あかり効果で「床の間」や「ふすま」など演出は多様です。
まくちゃん ミニライン
照明器具が下から見えにくい収まりになります。優しい光が壁面に広がります。 間接照明を使用しスッキリきれいな印象にすることで和のしつらえがいっそう際立ちます。

エントランスの間接照明

エントランスの天井面を照らすことで奥行感を演出することができます。また、棚下やニッチに設置しておしゃれな空間を演出することが可能です。
シングルライン まくちゃん
窓の映り込みを活用して空間に奥行き感を演出します。 幕板を必要としない「まくちゃん」ならやわらかくきれいな光を簡単につくれます。

サニタリーの間接照明

シングルライン ひゃくまる
トイレをおしゃれな空間に。「シングルライン」はトイレなどの小空間にも最適です。 一般的な900mm幅のトイレなら「ひゃくまる君」の613mmくらいがちょうど。

ニッチや階段の間接照明

スイングライン コンパクトライン
光の向きをコントロールできる「スイングライン」なら、思わぬ所に影を造りだすことなく、雰囲気づくりが可能です。 手すりに間接照明を設置することで夜間の動線の安全性を確保します。